本文へスキップ

鉄道力認定試験は鉄道に関する知識や思考力を測る検定です。|概要

 チャレンジ!鉄道力認定試験


TOP試験概要

鉄道力認定試験とはCONCEPT

鉄道に関する総合的な知識、推理力、考察力を測定します

鉄道力認定試験は、鉄道に関する知識、推理力、考察力を総合的に測定するための検定試験です。鉄道に関する問題を、幅広く出題いたします。JR、私鉄、地下鉄、第三セクターなど、すべての鉄道が対象です。貨物鉄道、モノレールも含みます。

具体的には以下のような分野から出題します。

路線分野…鉄道路線、駅などに関すること
列車分野…列車の愛称、走行区間、車内設備などに関すること
車両分野…鉄道車両の型式、車両の仕様などに関すること
歴史・周辺分野…鉄道の歴史に関すること(廃止された列車、路線の問題も含む)、駅弁など鉄道の周辺分野に関すること


解答は選択式のほか、記述式も導入します。50分間の試験です。


受検は全国どこでもオンラインで

オンライン受検…受検期間中にパソコンやスマフォなどで受検していただきます。ご自身のご都合に合わせて受けることが可能です。受検後に自動で答え合わせが出来ます。後日、「全体結果分析表」を閲覧・ダウンロードできます。

試験実施日…2021年8月27日〜9月6日

○詳細は試験要項をご覧下さい。

A級からD級までの「鉄道力」を認定

鉄道力認定試験では合計得点によってA級からD級までの四段階で「級」を認定します。

・受検者に与えられる認定級
A級…得点が95%以上の人を認定
B級…得点が85%以上の人を認定
C級…得点が70%以上の人を認定
D級…得点が55%以上の人を認定


楽しみながら解ける問題がいっぱい

鉄道力認定試験は、楽しみながら鉄道への関心を広げることが目的です。鉄道写真や動画を見て推理する問題、路線図を見て答えを導き出す問題など、解いて楽しい問題を多数用意しています。単純な知識の量を問うのではなく、推理力、思考力等も問われます。

こちらのページで、サンプル問題を公開していますのでチャレンジしてみてください。


日常の鉄道への関心がそのまま試験勉強となる

本試験では特定の書籍を試験対策本として指定はしておりません。写真や動画、路線図などを見て答える問題も多数取り入れていますので、列車に乗ったり、時刻表で旅行計画を立てたりなど、普段からの鉄道への関心が得点アップにつながります。



難易度の異なる問題をバランスよく出題

単一の問題によってA〜Dまでの級を認定します。難易度の違う問題をバランスよく配分し、受検者の力を測定します。